<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> 以外に便利なチチワを紹介します
外道大王の投げ釣りオタク
便利な“チチワ”をご紹介します。

私は当たり前のように思っていたのですが、以外に知られていなかったのでご紹介しておきます。

投げ釣りはナイロンラインではテーパーライン先端にサルカンか直結で天秤を結び投げますよね。
最近では 、PEラインになり事情が変わってきました。
PE テーパーラインは滑りやすく強い結束が必要になってきました。
強固に結ぶ為に直結する事が多いのですが、毎回、納竿の度に結び目を切り捨てると、ドンドン短くなっていきます。
そこで、再利用が可能な“チチワ”を活用したテーパーラインの先端処理をオススメします。

まずは、7cmくらいを折り返し“八の字”結びで輪を作ります。

続いて先端の5mm部分を“八の字”で結び、更にその上から“八の字”で二重に結びます。
出来るだけ強固に結んでおきます。

サルカンは2号パワースイベルと3号フックです。

さて、この段階で既に出来上がりですが・・・ どのように使うか下記の写真を見てください。

まずは、サルカンの輪へ出来上がったチチワを通します。
通したら“八の字結びと八の字結び”の間から抜き出しますと・・・

先端の部分を“耳”にしてサルカンを装着する事が出来ます。

後は絞めこんで引っ張り、フックに天秤を付けて使用します。

外すときには簡単! 耳の部分を引っ張れば緩みサルカンを外せます。
さぁ〜これで、素早く仕掛けを交換(天秤)したり外す事が出来ますね。

天秤はサルカンで付けた方がお祭り時でも対処が楽チンですよ

尚、数回使用すると下写真のようにPE素材の一部分が断裂してきます

このようになっている場合は突然切れたりするのでチチワを作り直しましょう

Copyright ♠2006 pu_taro©♠ All Rights Reserved.