<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> 簡単仕掛け製作其の弐
外道大王の投げ釣りオタク
“簡単モトス”仕掛け製作をご紹介します。

こちらで紹介する仕掛けは、フグやカワハギが多い時や、手掴み出来ない魚が釣れてしまった時などハリス部分を簡単に交換できるように工夫したものです。
特に防波堤、波止場、サーフ(砂浜)の投げ釣りでは、回転で遠投する事もあり、針先が痛む事は必須なのでハリス交換を短時間で出来るよう考えました。
この仕掛けは特に紹介するまでも無いのですが、私のような“投−初心者”がこのようなシンプル仕掛けに辿り着くには時間を浪費いたしましたので、読まれた方が何らかのヒントにしていただければと思います。(^^)

下の写真はメディアケースを利用した“針入れ”です。
この中にハリスを“チチワ”に結んだ状態の針をストックして釣行に向っています。
また、ケース内の針は板磁石を利用し固定しています。

仕掛け01 仕掛け02

モトスはサルカンから20cm〜30cmほど2本撚りにしたら1ヒロ以上(好みです)の長さで切る。
鋏で切り落とした突端部分を8の字を2回まわして結びこぶを作る
この結びこぶチチワで結んだハリスを付ければ下針の完成です。

仕掛け03

下針から30cmほど上がった所に撚りを掛けたエダスを作ります。 この先端の小さな穴にチチワでハリスを付けて中針の完成です。

仕掛け04

ここまでの作業で2本バリの仕掛けが完成しました。 これでフグに針を取られても“モトス”を交換することなく針を付け替えることが出来ます。

Copyright ♠2006 pu_taro©♠ All Rights Reserved.